カンジダ症の主な症状と特性

カンジダ症の特性

悩んでいる女性

 

カンジダはカビの一種が感染したことに起こる症状で、特に女性のデリケートゾーンに起こりやすいものです。
女性の4分の3の人が経験するというほど多くの発症者がいるのですが、原因となる菌はもともと人間の肌などに存在している常在菌です。

 

病気やストレス、過労などで身体の免疫力が低下していると膣の中を酸性に保ち、感染症を防いでいる免疫力が低下してしまったり、抗生物質を飲むことで膣の中で乳酸菌を作っている細菌が死滅してしまったことが原因で繁殖しやすくなってしまい引き起こされてしまいます。身体が弱っているタイミングで起こりやすいものではありますが、体質として何回もなってしまうという人も少なくありません。

 

カンジダ症の症状

女性の症状の特徴として、膣や外陰部のかゆみが挙げられ、ひどい人では我慢できないほどのかゆみが生じてしまうこともあります。おりものにも変化が現れてきます。
白いボロボロとしたチーズや酒粕のようなもの、ヨーグルトのように白いおりものに変化します。
また、排尿障害が症状として現れてくるケースもあります。男性の場合には女性のようにわかりやすい症状はなく、亀頭部のかゆみや赤み程度です。

 

カンジダ症の治療

放っておいても自然治癒する場合もありますが、それはほとんどが軽度の症状の場合です。
かゆみが強い、おりものがおかしい、排尿障害があるというような場合には重度になっている可能性もあるので、すぐに病院で適切な治療を受けることが重要です。
病院ではフロリードDクリームのような塗り薬の処方が行われます。

 

フロリードDクリームはカンジダの原因となる真菌に対する効果が高いため、カンジダの時には処方されることが多い薬です。
1日に2~3回患部に塗ることで真菌を殺菌してくれ、1週間ほどで症状は改善していきます。
副作用も少ないのですが人によってはかゆみやかぶれが生じてしまったり、ひりひりとした刺激を感じることもありますので、おかしいと感じた時には処方された病院に問い合わせてみましょう。

カンジダ(女性)完治セット
カンジダ(女性)完治セット

カンジダ症の治療と再発予防に欠かせないサプリメント。天然ハーブによる抗真菌、抗炎症作用でカンジダ菌を撃退、デーデルライン桿菌がカンジダ症の再発を予防します。

オススメ
トップへ戻る