カンジダ症の感染経路と症状

カンジダ症の感染経路

カンジダ症と聞くと性感染症の一つであると思ってしまう人が多いのですが、正確に言うとカンジダ菌は真菌であり、これは常在菌とされ、私たちの体が普段から保有しているものです。

 

感染経路として、カンジダ症に感染している母体からの感染や性交渉を通じて感染してしまうことも挙げられますが、多くは風邪をひいたり、体力を消耗して免疫力が弱まっている時に発生しやすいとされています。

 

女性であれば、一度や二度、膣カンジダ症になってしまったことがある人も少なくはないでしょう。
一度感染してしまうと何度も繰り返し症状をぶり返してしまうこともよく見られるケースです。

カンジダ症の症状

膣カンジダ菌の症状としては、膣周辺が赤く腫れ上がったり、強いかゆみ、また強いかゆみが悪化すると痛みを伴うこともあります。
また、おりものがカッテージチーズのような白いボロボロとした状態になることも特徴の一つです。
我慢できないほどのかゆみや痛みを伴うこともあるため、感染した場合は早めに婦人科に行き、適切な処置をすることが必要です。

 

婦人科では通常、膣洗浄をはじめ、膣錠で対応し、これに加えて塗り薬の外用薬が処方されます。
カンジダ症を繰り返さないためにも、普段からストレスを溜めすぎない健康的な生活を意識するようにしましょう。

 

また、通気性の良い下着や洋服を身につけるように工夫したり、患部を清潔に保つように心がけることも大切です。
特にピッタリと体にフィットした下着を身につけたり、パンツスタイルやタイツなどを履くことが多い人は膣周りの通気性が悪くなってしまうため、通気性の良い綿の下着やゆったりとした服装をしてみても良いでしょう。
さらに、長時間のおりものシートの使用により、膣が蒸れて雑菌が増えやすい状態になっていることもあるため、おりものシートを使っている人はこまめに交換するようにしましょう。

 

カンジダ症になってしまうと辛い思いをします。
ちょっとした心がけで感染やカンジダ菌の増殖を抑えることができるため、普段から健康的で清潔な生活を心がけるようにしましょう。

カンジダ(女性)完治セット
カンジダ(女性)完治セット

カンジダ症の治療と再発予防に欠かせないサプリメント。天然ハーブによる抗真菌、抗炎症作用でカンジダ菌を撃退、デーデルライン桿菌がカンジダ症の再発を予防します。

オススメ
トップへ戻る