カンジダ菌が繁殖しやすい環境

カンジダ症について

カビの仲間を真菌と言います。
カンジダ菌は真菌の仲間で性器の周辺粘膜や消化管や皮膚に何時も存在する真菌ですので、健康な人も保有をしています。
いつもは、生活環境に悪影響を与えないものですが、体調不良や過労やストレス等によって体の免疫力が落ちると異常に増殖してきます。

 

特に妊娠中や糖尿病の人は免疫力が落ちる場合が多く注意が必要です。
さらに、抗生物質やステロイドの服用中そして女性は生理の前後は特に注意が必要です。
それと赤ちゃんが産道を通る時に母子感染をする可能性があります。

 

性交渉によるカンジダ感染は少ないと言われますが、免疫涼が低下している時には感染する場合があります。
一度治療をすませて治ったのに再発する場合は、カンジダ菌が肛門から膣に入り感染してしまう場合と性交渉による場合があります。
性器を清潔にしようと石鹸などで洗うと、膣が本来持っているバリア機能がなくなりカンジダ菌の増殖が増えます。

 

カンジダ症の治療

ジフルカンは一般名をフルコナゾールと言い、真菌を殺す薬です。
非常に強力ではないですが副作用は比較的少ない薬です。
吸収が良くて肺や髄液にもよく移行しますので、身体の深部感染症のもよく使われますし、カンジダ膣炎にも効果がありますし、子供にも使用する事ができます。

 

副作用は少ない方ですが高齢者や腎臓の悪い人は排泄が遅れがちになります。
まれに吐き気や頭痛や下痢や発疹が出る事がありますが、そのような時が使用をすぐに中止をして、すぐに医師に連絡して指示を仰ぎましょう。

 

支持された期間を飲み続けることが大切で、時には長期間になることがあります。
自分の判断でやめると、再発したり、さらに悪化をする事があります。
症状が治まって検査で真菌が検出されない場合も、わずかのカンジダが膣に残っていた場合、再発する場合があります。
また、カンジダはいつも体の中にいる常在菌なので、免疫涼が落ちると増殖をしてきます。
免疫力が落ちない規則正しい生活、通気性の悪い下着、服を着る事を止めること、必要のない抗生物質やステロイドの使用を止める事が大切です。

カンジダ(女性)完治セット
カンジダ(女性)完治セット

カンジダ症の治療と再発予防に欠かせないサプリメント。天然ハーブによる抗真菌、抗炎症作用でカンジダ菌を撃退、デーデルライン桿菌がカンジダ症の再発を予防します。

オススメ
トップへ戻る