ジフルカンでカンジダ症治療

カンジダの症状

カンジダというのは真菌と呼ばれるカビの一種であり、本来人間の体の中に存在している菌でもあります。
稀に体の免疫力が低下した場合に、菌が増殖して皮膚と粘膜に症状が引き起こされることがあります。
体の免疫力が低下する状況とは、生活習慣や食生活、糖尿病、ステロイドの使用などが原因でなることが多いです。

 

カンジダ症による主な症状としては、乳児では鮮やかな赤い発疹がおむつをあてる部分にできたり、爪が赤くなって腫れて痛みを伴ったり、白や黄色に変色することもあります。
また、口腔に症状が出ることもあります。口腔粘膜や舌や口蓋に白い斑点のようなものが付着したり、痛みを感じることもあります。
口腔に現れる症状は、主にステロイド薬を服用している患者や高齢者、新生児などに多く見られます。

 

他にも、性器に症状が出ることもあり、白や黄色のチーズ状のおりものが出たり、痛みやかゆみなどの症状が出現することがあります。
特に妊婦や糖尿病がある人、抗生物質を服用している人に多く見られます。

ジフルカンの治療法

このようなカンジダ症の治療に関しては、外用薬と内服薬を用いて治療を行っていきます。
まず、外用薬に関しては、カンジダに対して抗菌力のある外用薬が使われます。
内服薬としては、ジフルカンなどの薬が処方されることがあります。

 

特にジフルカンは外陰カンジダ症に用いられる薬です。
外陰カンジダ症とは、女性性器の感染症のであり、日常的に起こりうる疾患で、外陰にかゆみや発疹などが起こる疾患ですが、発症した約4割程度の人が治療をしないで我慢をしているという結果があります。

 

ジフルカンの服用方法としては、50mgから100mgを1日1回経口投与するという方法で服用します。
副作用については、少ないほうですが、吐き気や腹痛、下痢、発疹などの副作用が起こることがあります。
もし、発疹の症状がひどくなる場合は、ジフルカンの服用を中止してすぐに医師に相談する必要があります。

カンジダ(女性)完治セット
カンジダ(女性)完治セット

カンジダ症の治療と再発予防に欠かせないサプリメント。天然ハーブによる抗真菌、抗炎症作用でカンジダ菌を撃退、デーデルライン桿菌がカンジダ症の再発を予防します。

オススメ
トップへ戻る